Month: October 2019
バルトレックス以外のヘルペス治療薬

ヘルペスの治療薬は塗り薬と飲み薬があり、よく知られているのがバルトレックスです。 他にも別の薬でゾビラックスやファムビルの3種類にジェネリックがあります。 それぞれ配合されている成分は違いますがヘルペスに対する抗ウイルス効果の差はなく、異なるのは価格と服用回数、錠剤の大きさです。 塗り薬だと薬局やドラッグストアでも市販されていますが、局所を保護し発疹の悪化を防ぐ程度の効き目しかなく、飲み薬だと早期の服用で症状の期間を短くしたり病変の発症を未然に防ぐ働きも期待出来ます。 バルトレックスは1日2回の服用で効果があるとされている抗ウイルス薬です。 抗ウイルス薬は性器と口唇ヘルペスを治療できる唯一の薬で病院で処方される薬も薬局で買える薬も、全て抗ウイルス薬です。 抗ウイルス薬はあくまで症状を抑えるもので、神経節の奥に潜むウイルスを死滅させるわけではないため根治は出来ません。 再発したら薬を使って抑え続ける必要があります。 抗ウイルス薬は発症してから服用するまでの期間が短いほど高い効果があり、ウイルスが増殖しきってない発症初期のときに止めることが出来れば、症状の形成も最小限に抑えられます。 治療では早期治療をすることで病変を最小限に抑えることが最も重要です。 ウイルスを抑える効果がありますが病変を治癒する効果がなく、水疱瘡などの病変は免疫反応で起きます。 これはウイルスが水疱瘡を作っているのではなく、ウイルスを排除しようと免疫機能が過剰に働いた結果で起きます。 バルトレックスをはじめとした別の薬の抗ウイルス薬でも水疱瘡には効かないため、免疫反応で発生した病変の治癒を早める効果はありません。 そのため効果があるのもウイルスが増殖を始めて最初の3日ぐらいであると言われています。 増殖を始めてから病変が出現するまでの期間は3日ほどなため、病変が出始めた初日のうちに使う必要があります。 病変自体には効かないので、あくまで抑える薬だと認識した方が良いです。 辛いバルトレックスの副作用とは バルトレックスはヘルペスや帯状疱疹などの病原体であるウイルスを抑制する抗ウイルス薬で、症状を最小限に抑えて治癒までの期間を早める効果があります。 別の薬のゾビラックスよりも服用回数が少なく同等の効果と効能が期待出来る薬です。 通販でも購入が可能なので、再発に備えて常備しておきたいときや病院に行く時間などが無いときには通販を活用するのもおすすめです。 バルトレックスは特有と言えるような副作用はなく、開発の段階で行った臨床試験で比較的多くみられたものだと、頭痛や眠気などの意識障害、腹痛に下痢、嘔気に腹部不快感、肝機能検査値の上昇があります。 一番多くみられたのが頭痛で、次に多いのが眠気などの意識障害ですがこれらは多いと言えるほどの数ではありません。 ただ、服用したときは運転などは控えた方が良いです。 稀にアナフィラキシーショックや急性腎不全などの重大な副作用が起きることもあり、重大な症状が感じられる異変が出た時は使用を止めて直ぐに医師の診察を受けて下さい。 正しい用法用量を守って発症してから素早く服用を始めると効果を発揮します。 性器と口唇ヘルペスは1日2回で1回1錠(500mg)で、服用期間は5日間で悪化しやすい初発型の性器ヘルペスの治療だけ10日まで期間が延長可能になります。 再発抑制療法のときは1日1回1錠(500mg)の服用で服用期間は約1年間です。 帯状疱瘡と水痘(水ぼうそう)は1日3回、1回2錠(500mg)、期間は帯状疱疹が7日間で水疱瘡が5日間です。 ウイルスの増殖を阻害する薬で増殖が活発な発症時期のうちに服用を始めないと十分な効果がありません。 特に再発型だと発症から24時間以内、帯状疱疹だと3日以内に服用を開始しないと効かないこともあります。

2019年10月22日