ヘルペスの感染経路とは

2019年12月01日

ヘルペスは口腔内や性器などに感染する感染症のことを指します。
人間に感染するヘルペスのウイルスは8種類あり、一度感染しても体内に病原菌が残っていることがあり、ちょっとしたことで症状が出てくることがあります。

ヘルペスには水痘、帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルス1型、2型などがあり、水痘の場合は感染している人のタオルなどに触れるといったことが感染経路になっています。
単純ヘルペスウイルス1型では口唇や上半身に症状が現れるのが特徴で、感染経路は口移しの他、ペットボトルの回し飲み、といった間接的な要因で発症することもあります。

一方単純ヘルペスウイルス2型は性器ヘルペスとも呼ばれ、主に性交渉によって感染していきます。
タオルや飛沫物からも感染し、再発しやすいのが特徴です。
男性であれば年に12回、女性であれば年に7回ほど再発し、痛みを伴うためなかなかなおりにくいことがあります。

男女問わずヘルペスになりますが、近年では親から子への感染も増えています。
親から子への感染経路は食べたものを子供にあげる、食器を共有する、タオルを使いまわすといったことがあげられます。
子供が感染した場合は抗体ができるので、大人になってから症状は重く出てくることはないですが、性交渉が原因のヘルペスの場合は重症化しやすくなってしまいます。

なお、ヘルペスの感染経路はウイルスがついたものから感染する物を介した感染と、触れ合うなど直接的に接する接触感染とがあります。
自分が感染している時は身近にいる人にも簡単に感染させてしまう可能性があるので、生活にも十分配慮する必要があります。

ヘルペスはストレスと大きく関係があり、ストレスをためて免疫力が低下すると痛みなどが生じてきます。
また紫外線もヘルペスにとってはよくありません。
少しでも痛みが生じたり、唇がジンジンと痛んだりした場合は再発している可能性もあるので、早めに対処することが大切です。

ヘルペスの原因菌とは

ヘルペスは、男女問わず多くの人がなる感染症です。
ウイルスが皮膚や口などの粘膜に侵入し水ぶくれのようなものをつくるのが特徴で、症状は比較的軽いです。
ヘルペスの種類も8種類と多く、タオルや食器、といったものからも簡単に感染していきます。

ヘルペスにはさまざまありますが、水痘や帯状疱疹もヘルペスの一つで、水痘、帯状疱疹ウイルスが原因菌となっています。
小さいころに感染し、症状が落ち着いても大人になって抵抗力や免疫力が弱くなると帯状のものが体に現れ、次第に水泡を作り、ちくちくとした痛みを感じます。
帯状疱疹ウイルスは神経から皮膚に出てくるので、水泡が治ってもそのまま痛みのみが残ってしまう場合もあります。

唇にできるのは単純ヘルペスウイルス1型が原因菌です。
上半身や口の周りにできるのが特徴で赤く小さな水ぶくれができます。
帯状疱疹同様、ピリピリとした痛みを感じることがありますが、2週間程度で良くなっていきます。

最も再発しやすいのが性器にできる性器ヘルペスです。
これは単純ヘルペスウイルス2型が原因菌となっており、おしりの周りや性器に水ぶくれやただれができます。
感染すると約2日から10日ほどで症状が現れ、時として発熱を伴うことがあります。
再発した場合は熱が出ないことがあり、水ぶくれも小さいことから自分でも気が付かないうちに他の人へ感染させてしまっており、さらに治りにくくなっていることが多いです。

帯状疱疹の場合、再発することはまれですが、ほおっておくと帯状疱疹後神経痛になってしまうことがあります。
この場合は治療を行ってもなかなか良くならず痛みのみが残ってしまいます。
どのヘルペスも早めの対処が必要となってきます。

関連記事
バルトレックス以外のヘルペス治療薬

ヘルペスの治療薬は塗り薬と飲み薬があり、よく知られているのがバルトレックスです。他にも別の薬でゾビラックスやファムビルの3種類にジェネリックがあります。それぞれ配合されている成分は違いますがヘルペスに対する抗ウイルス効果の差はなく、異なるのは価格と服用回数、錠剤の大きさです。塗り薬だと薬局やドラッグ

2019年10月22日
バルトレックスの主成分、バラシクロビルとは

バルトレックスはヘルペスウイルスに効果がある抗ウイルス剤です。ヘルペスウイルスは人の体内の細胞の表面に感染した後、中心部の細胞核にウイルス遺伝子を複製するように誘導するため、完治した後も神経節の中に潜んで、体の免疫力が低下した時に再発してしまいます。バルトレックスの主成分はバラシクロビル塩酸塩という

2019年09月13日
性病で病院に行くと周りの人にバレる?

性病は性器のかゆみや痛み、感染部位の炎症、排尿痛など様々な症状が現れるものです。また、初期症状は分かりにくく気が付いたときには重症化しているということもあります。どのような状況であったとしても性病の治療において大切なのは初期治療です。初期治療が遅れると治療期間が長引いたり、感染を広げる原因になります

2019年08月18日
コンジローマの症状とは

コンジローマの症状は性器や肛門周辺にできるイボがよく知られています。最初は小さくてあまり目立ちませんが、症状が進むとどんどん大きくなって数も増えていきます。成長したイボは鶏のトサカやカリフラワーのような派手な見た目になることが特徴であり、ピンクや赤茶色などの色がついていることもあります。コンジローマ

2019年07月12日
トリコモナスの淋病の違い

トリコモナスと淋病は、ともに性病の1つです。男女で症状に違いはありますが、いずれも女性が感染するとおりものの量が増えたり、膣のかゆみや痛みが生じたりと似たような症状が現れ、放置すると女性の場合、不妊に繋がることもありますので注意が必要です。このトリコモナスと淋病は、症状が似ていますが正確に2つの性病

2019年07月29日
カンジダの症状で見られるもの

カンジダ症とは、原因菌となる「カンジダ真菌」が何かしらの要因によって増殖することで、身体に様々な症状が出てくる病気です。女性に起こる「カンジダ膣炎」が多いですが、男性にも亀頭などにカンジダ症が起こることがあります。カンジダは膣炎だけでなく手や爪に起こりやすい「皮膚カンジダ」や「口腔カンジダ」などの種

2019年06月24日
クラミジアの感染経路とは

クラミジアは、数ある性病の中でももっとも感染力が強く、日本人でもっとも感染者数が多い性病として知られています。その感染経路は性行為であることがほとんどで、クラミジアの原因菌が性器や肛門、喉、目などといった粘膜から感染することで発症する病気です。クラミジアの原因菌は精液をはじめとしてカウパー腺液、尿、

2019年06月09日
ジスロマック以外のクラミジアの治療薬

クラミジアは性感染症の中でも最も患者数の多い種類で、特に若年女性での感染拡大が問題視されています。近年では20歳代の女性の20人に3人がクラミジアに感染していると見られています。自覚症状に乏しいのが特徴で、女性ではおよそ8割は無症状だといわれています。男性ではこの割合は幾分か下がりますが、やはり無症

2019年05月29日